今年のキーワード AgingとQuality

明けましておめでとうございます。

昨年は病院内外の多くの方々のお世話になり、お蔭さまで何とか無事に年を越すことができました。

昨年の締めは12月29日市内のホテルで行われた恒例の病院大忘年会でした。

140名以上の大勢の参加者があり大いに盛り上がりました。

1年を振り返るとともに今年へ向けてのプレゼンテーションもさせていただきました。

今年はAging高齢化とQuality質の2つのキーワードでさまざまなことに取り組んでゆきます。

超高齢化社会を迎えて認知症や心不全パンデミックにそして循環器疾患終末期の緩和ケアにも対応してゆかなくてはなりません。

これらは医師だけの取り組みでは困難であり、医師を中心とする多職種チームが機能する必要があります。

それも形だけのチームではなく、それぞれの職種が担うべき役割を自覚しながらチームとして成果を挙げる必要があります。

医療の質を維持し高めてゆくための QMS(Quality Management System)構築も自分たちの手で 試行錯誤しながら進めてゆかなければなりません。

順次現場の協力を得ながPFC(Process Flow Chart)作成を進めてゆくことになります。

日常業務に加えての作業になり成果の実感もすぐに得られるものではないのでそれなりの負担感はあるかもしれませんが、質の高い医療を提供するためのものです。

今年も多くの方々のご協力をいただきながら、患者さんに「寄り添う医療」を提供してゆきたいと思います。

キーワード
広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

KAMAKURA Live

先週末は2-3年ぶりにKAMAKURA Liveに参加しました。
私が勝手に自分自身のメンターにさせていただいている湘南鎌倉総合病院の齋藤 滋先生主催のカテーテル治療ライブです。
今年はDistal radial arteryからのアプローチ(DRA)とOrbital atherectomy systemによるカテーテル治療がメインテーマでした。
何れも齋藤先生の卓越した手技により行われ、今後の展開が楽しみです。
思えば22年前同じこのKAMAKURA liveで齋藤先生が日本でいち早くTRAでのカテーテル治療を始められたのに触発され、翌年自分自身もTRAでの治療を開始しました。今ではごくわずかな症例のみで鼠径部から治療が行われ、ほとんどの症例の治療がTRAで行われるようになり、患者さんに対してより安全で確実な治療を提供できていると実感しています。
当院からは寺井先生がLiveコメンテーター等でフルに活躍、コメディカルセッションでも当院のコメディカルスタッフが頑張っていろいろ発表してくれました。まだまだレベルアップしなくてはならない部分がたくさんありますが、今回のKAMAKURA Liveでの経験を活かして今まで以上に頑張ってくれることを期待しています。
KAMAKURA1
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

医療の改善活動発表会2017

11月30日、12月7日の2回にわたり毎年恒例の「医療の改善活動発表会」を院内で開催しました。

今年も全部で20題とたくさんの発表があり、日常の業務効率化や医療安全に向けての活動がチームを組んで行われ、その成果が披露されました。

まずは活動に参加、あるいは協力いただいたスタッフの方々に厚く御礼申し上げます。地道な活動でもこのような活動をもとにして病院は発展してゆくのだと思いますし、病院の理念である「患者さんに寄り添った医療」を提供できるのだと思います。今後も活動を継続したり、新たな試みに取り組むことで最終的には患者さんにとってより良い医療を提供できるようになることを期待しています。

ただ残念なことに、テーマや目標設定と実際の活動や効果確認とがマッチしていない、あるいはデータ収集が科学的でないものが散見されました。テーマが広すぎると取り組みも散漫になったり効果の確認が難しくなったりするので、テーマ設定をもっと絞る必要があると思われるものがあったり。テーマや目標達成のために出すべきデータや活動をもうひと捻りしてほしいものもありました。やはり活動を始めるにあたり、目的やデータ収集、スケジュールをよく考える必要があるのではないかと思います。チームに医師を巻き込むことも一つのやり方でしょう。臨床研究その他で医師はイヤというほどこの辺は叩き込まれていますから。

 医療の改善活動2017
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第3回心不全多職種オープンカンファレンス

報告が遅れましたが、11月15日に当院にて心不全多職種オープンカンファレンスが開催されました。

毎回当院のスタッフだけでなく、多くの他施設のコメディカルスタッフやクリニックの先生方にご参加いただき感謝いたしております。

今回はAクリニックA先生からの事例紹介が印象的でした。

何度も心不全の急性増悪・緩解を繰り返す重症大動脈弁狭窄症の高齢者の方で、その都度自宅で終末を迎えたいとの意思確認をしながら最終的にはその意思に沿えなかった症例でした。

大動脈弁狭窄症の方の治療の難しさとACP(Advance Care Planning:終末期の治療やケアに関する意思決定を患者や家族と繰り返し相談をしながら行ってゆくこと)の大切さ・実行の難しさについて考えさせられる症例でした。

「がん」よりも実は心不全をはじめとする心血管疾患のほうが緩和ケアやACPを必要とすることが多く、今後高齢化社会が進行するに伴いこれらの重要度がさらに増してくると思います。

そのような流れの中でこの心不全多職種オープンカンファレンスは意義があるものと思いますし、カンファレンス自体まだまだレベルアップしてゆかなければならないと強く感じました。

緩和ケア
厚労省資料より
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

血液浄化センター本格稼働

10月30日より漸く当院5階で血液浄化センターが本格的に稼働しだしました。
稼働までずいぶんと長い時間がかかりましたが、これで心臓血管病を合併した慢性腎臓病患者さんに対して質の高い心臓血管管理と血液浄化療法を提供できます。
まだ数名の患者さんですが、徐々に患者さんを増やしてゆき最終的には40人くらいまでの血液浄化療法を行ってゆきたいと考えています。
先日の新聞にも開設の広告を出しましたが、まだまだ当院での血液浄化療法は認知されていません。
長期透析合併症の予防に対する有効性や心臓に対する負担の少なさを特徴とするオンライン血液透析ろ過(オンラインHDF)を標準的治療法とし、また透析シャントの作成やシャント不全に対するカテーテル治療、そして心臓血管病に対する質の高い治療など、総合的に慢性腎臓病患者さんを診療してゆくことで慢性腎臓病患者さんの生活の質そして生命予後を改善することが私たちの使命と考えています。
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

浅ノ川病院グループ地域連携交流会

10月26日、金沢市内のホテルで医療法人浅ノ川の5病院(浅ノ川総合病院、金沢脳神経外科病院、桜ヶ丘病院、千木病院そして当院)と連携をしていただいている医療機関や介護施設の先生方ならびにコメディカルの方々にお集まりいただき地域連携交流会を開催しました。参加人数総勢180名を超える大きな会になりました。
当院からは心臓血管外科の乃田先生から大動脈ステントグラフト治療について、そして循環器内科の役田先生から静脈血栓症治療について、それぞれ講演してもらい、当院の存在をアピールしました。
講演会のあとは懇親会も開催され、お互い顔の見える地域連携にもつなげることができたかと思います。
単に病院の中で診療しているだけでは患者さんを積極的に当院へ紹介してもらえるようにはなかなかなりませんし、このような連携交流会を通じて言葉を交わすだけでより気軽に患者さんを紹介してもらえるようになることは普通によくあることです。
地域での当院の存在感を打ち出すためにも今後このような会を続けてゆきたいと思います。でも、グループとしての一体感やビジョンをもっと打ち出せたらより良い連携交流会になると思いますし、そういった視点で今後この会を企画してゆく必要もあると思いました。
IMG_3995
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

冠動脈レーザー治療、そして糖尿病の勉強会

10月24日、東京医科歯科大学から足利貴志先生をお迎えして冠動脈レーザー治療の実技と現状を解説していただきました。
足利先生は今恐らく日本で最も数多くの冠動脈レーザー治療を手掛けておられる先生です。
治療の具体的進め方、そして適応など詳細にお話いただきました。
今回は主にステント再狭窄病変に対するレーザー治療やそれに引き続く薬剤コーティングバルーンによる治療の有効性について解説してもらいましたが、まだまだ冠動脈レーザー治療は進化し続けていると思いましたし、当院での冠動脈治療に大きな幅を持たせてくれる有力なツールだと確信しました。
続いて翌10月25日には大阪の桜橋渡辺病院心臓血管センター長の岩倉克臣先生をお迎えして循環器専門病院での循環器内科医が考える糖尿病治療の在り方についてお話いただきました。
桜橋渡辺病院は当院よりも歴史ある全国的にも有名な循環器専門病院です。岩倉先生の本来のご専門は心臓超音波検査による心不全、弁膜症、虚血性心疾患などの診断ですが、今回は糖尿病治療に関しての桜橋渡辺病院でのデータや循環器内科医からみた糖尿病治療についての考察をお話いただき、私たち循環器内科医がもっと積極的に糖尿病治療にあたるべきことを改めてお示しいただきました。日本の糖尿病患者は増加する一方で、これに伴い動脈硬化性疾患や腎臓病の患者さんが今後も益々増加すると言われています。心臓や血管だけ診ていればいい時代ではありません。循環器内科医だからこそ糖尿病の診療もできるようにならなければならないと実感したお話でした。
まだまだやらなければならないことが沢山ありますね。
足利先生
 DMセミナー2
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ